なるべく損をしないで支払いをすることが大切

インターネットのクレジットカード情報サイトで自分のスタイルに見合ったクレジットカードを探してみましょう。
金利や年会費、ポイント還元率、各種保険など様々な項目を比較してお得なクレジットカードを見つけることが大切です。 一括払いとは、発行会社により定められた期日、または翌月、翌々月に一括で支払う方法のことを言います。
一般的には手数料が発生しないことから一番損の無い支払い方法ということになります。

 

分割払いというのは、クレジットカード利用者が返済回数を指定し、月毎に分割して支払っていく方法となります。
しかし分割払い手数料が必要となることから、少々の負担が必要となってきます。

 

リボルビング払いはリボ払いとも略され、分割払いとは異なっており債務金額や回数に関係なく毎月指定した金額のみを支払う方法のことを言います。
リボ払い手数料が発生しますので、長期的に見ると損をしてしまうことになります。

傘立てならこちら
http://www.gomibako-ism.com/fs/gomibako/c/umbrellastand/



なるべく損をしないで支払いをすることが大切ブログ:20180804

あたくしたちの健康を維持していく上で、
栄養バランスを考えたご飯がとても大切になります。

特にエネルギー源となる3大栄養素、
たんぱく質(Protein)、脂質(Fat)、炭水化物(Carbohydrate)の
頭文字をとった、
PFCバランスは健康に大きく影響を及ぼします。

PFCバランスは、
栄養の質を評価する指標のひとつです。

からだにとって理想的なPFCバランスの割合は
たんぱく質15%、脂質25%、炭水化物60%程度といわれています。

ごはん・麺類・パンなどの炭水化物は、
あたくしたちのからだの主なエネルギー源として利用されます。

特に脳や神経系に関しては唯一のエネルギー源ですので、
不足すると頭の働きが鈍ってきます。

燃焼スピードが速いため、
からだの中に入るとすぐにエネルギーとなってくれます。

マグロ・ささ身・大豆などのたんぱく質は、
筋肉・爪・皮膚・内臓などを構成する細胞の主成分であり、
からだの機能を助けたり、調節する酵素やホルモンの材料となります。
あたくしたちのからだをつくる大切な栄養素です。

牛・豚バラ肉・ウナギ・さんまなどに含まれる脂質は
からだの細胞膜・血液・ホルモンなどの原料となり、
ビタミンA・D・Eなどの脂溶性ビタミンの吸収を助けます。

また皮下脂肪・内臓脂肪として内臓や骨格を保護したり、
からだの中に蓄積できる効率のよいエネルギー源になります。

ひとつのものに偏らず、
栄養バランスを考えたご飯をとることが、
健康への大切な条件となるわけですね。

6時・午後・夜と
1日3食バランスのよいご飯を心がけましょう。



このページの先頭へ戻る