このメニューではクレジットカードの支払い方法についてお届けしています。
なるべく損をしないで支払いをすることが大切

なるべく損をしないで支払いをすることが大切


なるべく損をしないで支払いをすることが大切
インターネットのクレジットカード情報サイトで自分のスタイルに見合ったクレジットカードを探してみましょう。
金利や年会費、ポイント還元率、各種保険など様々な項目を比較してお得なクレジットカードを見つけることが大切です。 一括払いとは、発行会社により定められた期日、または翌月、翌々月に一括で支払う方法のことを言います。
一般的には手数料が発生しないことから一番損の無い支払い方法ということになります。

分割払いというのは、クレジットカード利用者が返済回数を指定し、月毎に分割して支払っていく方法となります。
しかし分割払い手数料が必要となることから、少々の負担が必要となってきます。

リボルビング払いはリボ払いとも略され、分割払いとは異なっており債務金額や回数に関係なく毎月指定した金額のみを支払う方法のことを言います。
リボ払い手数料が発生しますので、長期的に見ると損をしてしまうことになります。



なるべく損をしないで支払いをすることが大切ブログ:20181224

みなさまは、
減量の天敵といえば、何をイメージしますか?

お酒ですか?油っこいものですか?おかしですか?
どれも、食べるのを控えないと
太ってしまうイメージがありますよね。

特に「ビール腹」なんて言葉があるくらいですから、
「お酒は減量のタブー」
といったイメージを持っている人が多いのでは?

ところが、お酒を飲んだからといっても、
太るなんて訳ではないのですよ!

アルコール類は、カロリーの一部が、
飲む事によって起こる熱で勝手に消費されるので、
お酒自体のカロリーは、高いとはいえないんですよね。

でも、お酒を飲むと、満腹中枢が影響を受けます。
ビールなどは特に、食欲が増進する効果があるので、
必要以上に食べてしまうのです。

おつまみには、脂っこいカロリーの高い食べ物が多いですよね。
お酒のあてには、濃い味つけのものや揚げものがよく合います。

しかも、お酒のシメには、
塩ラーメンなんかが食べたくなったりしてしまいます。
これも、お酒の影響です。
満腹なのに、お腹が空いていると勘違いをしてしまうんですね。

つまり、お酒を飲むだけなら、
相当無茶苦茶しない限り、太る原因にはならないのです。

おつまみのカロリーなどに注意したり、油っこいものを避ければ、
お酒を飲んでもそうブヨブヨにはならないでしょう。

お酒を飲むなら、つまみは塩!くらいの気持ちでいれば、
減量中の飲酒も特に問題はないと思います。

お酒よりもストレスの方がダイエットの天敵なので、
飲みたい願望とも上手につきあっていきましょう。

なるべく損をしないで支払いをすることが大切

なるべく損をしないで支払いをすることが大切

★メニュー

いつでもどこでも資金調達が出来る
今人気の楽天が発行しているクレジットカード
渡航先で役立つクレジットカード
毎月定額支払のリボ払いが一般的
クレジットカードを持つだけで海外旅行保険が付帯
クレジットカードは信用で後払いが可能
現金主義よりもクレジットカードが当たり前になる
世界どこでも利用出来る国際ブランド
なるべく損をしないで支払いをすることが大切
振込詐欺のような悪質行為に注意


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)進め!噂のクレジットカード情報