このメニューではクレジットカードの国際ブランドについてお届けしています。
世界どこでも利用出来る国際ブランド

世界どこでも利用出来る国際ブランド


世界どこでも利用出来る国際ブランド
今はクレジットカードの時代と言っても過言ではなく、もはやクレジットカードの利用は当たり前のものとなっています。
現金主義でクレジットカードを利用しない人もいますが、正直それは大きな損をしてしまっているとも言えるのです。 多数のクレジットカード発行会社が提携している、クレジットカードの統括組織のことを国際ブランドといいます。
現在では5大ブランドとして、その知名度が世界中に広まっているのです。

クレジットカードの国際ブランドとしましては「VISA」「アメリカン・エキスプレス」「ダイナース」「マスターカード」「JCB」があります。
これらは日本国内に限ったことではなく、世界中で利用することが出来ることから、国際ブランドと呼ばれています。

日本では80年代後半のクレジットカード国際化の流れが強くなってきました。
そしてほぼ全てのクレジットカード会社が国際ブランドと提携して発行されています。



世界どこでも利用出来る国際ブランドブログ:20190317

母の体というのは、
赤ちゃんを産んでから3年間は
母性ホルモンが大量に分泌されるので、
この間は赤ちゃんを育てることを第一に置かねばならない。

3年間も育児をやっていれば、
育児の仕方はなんとなくわかってくるし、
それに母性ホルモンが大量に分泌されることで
自分の体型を母体型に変えられるので、
体力的に無理なく育児をし続けることができるようになる。

しかし
娘がいては仕事ができなくなるというのも事実である。

本来ならこの時期、育児に専念した方がいいのだから、
もしも仕事をするなら、自宅で仕事をするとか、
自分の母か主人の母に
娘を預けて仕事をするしかない。

でも、自宅で仕事ができず、
自宅の周りに自分の母や主人の母がいないなら、
保育園に預けるしかないのである。

保育園というのは、
あくまでも母の都合によって生まれたものであり、
必要悪の存在だと言える。

経済的に余裕があるのなら、
保育園などには娘を預けない。

保育園に娘を預けねば仕事ができず、
仕事をしなければ生活が成り立たないからこそ、
母の方も未練たらたらで娘を預けるのだ。

保育園というのは幼稚園とは決定的に違い、
保育園は大きくあるべきではなく、小さくあるべきなのである。

娘は3歳まで、
小さな世界で育てるからこそ、脳が健全に育って行くのであって、
余りにも大きすぎる場所で育ててしまうと、
脳が健全に育たなくなってしまう。

だからこそ保育園は小さな組織であるべきなのであって、
保育士たちは常時、娘たちに目を届かせなばならないのだ。

世界どこでも利用出来る国際ブランド

世界どこでも利用出来る国際ブランド

★メニュー

いつでもどこでも資金調達が出来る
今人気の楽天が発行しているクレジットカード
渡航先で役立つクレジットカード
毎月定額支払のリボ払いが一般的
クレジットカードを持つだけで海外旅行保険が付帯
クレジットカードは信用で後払いが可能
現金主義よりもクレジットカードが当たり前になる
世界どこでも利用出来る国際ブランド
なるべく損をしないで支払いをすることが大切
振込詐欺のような悪質行為に注意


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)進め!噂のクレジットカード情報