世界どこでも利用出来る国際ブランド

今はクレジットカードの時代と言っても過言ではなく、もはやクレジットカードの利用は当たり前のものとなっています。
現金主義でクレジットカードを利用しない人もいますが、正直それは大きな損をしてしまっているとも言えるのです。 多数のクレジットカード発行会社が提携している、クレジットカードの統括組織のことを国際ブランドといいます。
現在では5大ブランドとして、その知名度が世界中に広まっているのです。

 

クレジットカードの国際ブランドとしましては「VISA」「アメリカン・エキスプレス」「ダイナース」「マスターカード」「JCB」があります。
これらは日本国内に限ったことではなく、世界中で利用することが出来ることから、国際ブランドと呼ばれています。

 

日本では80年代後半のクレジットカード国際化の流れが強くなってきました。
そしてほぼ全てのクレジットカード会社が国際ブランドと提携して発行されています。



世界どこでも利用出来る国際ブランドブログ:20180916

オレはシェイプアップするにあたって
「毎晩の日本酒は続ける」
と言う事だけは決めていました。

そして「日本酒はやめない」と決めた後に
「日本酒を飲んでもシェイプアップを続けるにはどうしたら良いか?」
ということを考えました。

やめたくない事を無理してやめて、
「苦行のようなシェイプアップ」をするよりは
やめたくない事は続けて、
「やりやすいシェイプアップ」をする方が
ストレスなく続けられます。

つまり「シェイプアップを行うポイント」を絞り込むんです。
生活の全てをシェイプアップに捧げる必要はないんです。
そんなことをしたら息が詰まってすぐに挫折してしまいます。

この「シェイプアップを行うポイント」が
オレの場合、「12時食」でした。

あさ食・夕食は姉が家で作っているし、
もともとシェイプアップ食のような食事でした。

このためオレにとっては「12時食」を見直すことが
一番シェイプアップをやりやすいポイントだったのです。

だから最初の頃、オレのシェイプアップは
「12時食の見直し」
ただそれだけです。

こんな風に、自分の核となるシェイプアップ法を一つ決めて、
そこだけは毎日淡々と続けることにして、
それ以外に関しては
できるだけストレスにならないように変えませんでした。

つまりそれが、
オレにとっては「日本酒をやめない」というだったのです。

シェイプアップは 「生活の一部」 です。
基本的に、終わりはありません。
目標体重をクリアしたら
若干は食べる量を増やしたりしてもいいと思いますが、
基本的な生活はそのまま続けないとリバウンドしてしまいます。

だから「やりやすいシェイプアップ生活」は一生続けるべきです。
一生続けるためにも
「好きな事はガマンしない」ことが非常に大切なのです。

このページの先頭へ戻る