クレジットカードを持つだけで海外旅行保険が付帯

現在発行されているクレジットカードのほとんどは国際ブランドと提携をして発行されています。
つまり日本国内はもちろんのこと、世界中でクレジットカードを使用して支払いをすることが出来るのです。 海外旅行傷害保険はクレジットカードが海外でも利用することの出来る国際カードとなってから付帯されるようになりました。
それまでは日本で発行されるクレジットカードの多くが国内利用だけに限られていたので保険が付帯されることが無かったのです。

 

1970年代の途中から国際ブランドとして提携した国際カードが多く発行されるようになってきました。
さらに海外旅行向けサービスの一貫としまして、海外旅行保険が自動的に付帯されるようになったのです。

 

クレジットカードに付帯されている海外旅行傷害保険の特長としましてはクレジットカードを持っている限り何度でも適用されるということです。
さらなる補償を求めているのでしたら、ワンランク上のクレジットカードを作るようにしましょう。



クレジットカードを持つだけで海外旅行保険が付帯ブログ:20181117

日本の小学生の約1割が肥満状態…といわれる現代。

当然、お子さんの生活習慣病も増えているようです。
中でも多いのが糖尿病と動脈硬化。

これらの主な原因は
食生活と運動習慣の変化です。

連日のご飯で、
脂肪分や糖分を摂りすぎている上、
体を動かす機会がぐっと減っているのです。

今はまだ発病していなくても、
このままの食生活や生活サイクルを続けていれば、
20代、30代で発病する可能性はどんどん大きくなってきています。

見た目には肥満でなくても
コレステロール値の高い、
糖尿病・動脈硬化の予備軍のお子さんたちは着実に増えています。

大人と同じような健康上の問題が、
お子さんたちの上にも影を落としているんですね。

糖尿病や高血圧、心臓病など、
中高年になってから
父母と同じ病気を発症する人は少なくありません。

この理由は
遺伝的な要素も少なからずありますが、
遺伝子としての原因よりも、
病気を引き起こす生活習慣を受け継いだことも原因のひとつなのです。

日本人に多い大腸ガンの原因も
遺伝的因子よりも環境的因子の比重が大きいのですが…

環境的因子とはつまり生活習慣。
食生活をはじめとするお子さんの頃の生活習慣は、
その先の一生の健康を左右する重要な問題なんです。

しかし、
父母から引き継ぐ生活習慣とは食生活だけでしょうか?

お子さんが肥満の場合、
父母も同じように太っていることが多いのですが、
その理由は家庭の食生活だけでなく運動習慣にもあります。

食べてはゴロゴロ…といった父母の姿を、
お子さんたちはちゃんと引き継いでしまうんですね。

嗚呼,いい気分

このページの先頭へ戻る