振込詐欺のような悪質行為に注意

「クレジットカードって何がお得なの?」と疑問に思われるかもしれませんが、やはりポイント還元なのではないでしょうか?
使えば使うほどポイントが貯まっていき、キャッシュバックや豪華景品などと交換をすることが出来るのです。 盗難やスキミングによる偽造クレジットカードはプロの犯罪集団によって組織的に実施される場合が多くなっています。
カード所持というのは暗証番号の管理は当たり前のこと、 カードでの支払いをする時には目の前で処理をしてもらうようにしましょう。

 

最近では振込詐欺のような悪質行為に注意などの犯罪が多数報告されています。
カード所持者というのは発行会社との連絡を素早く行うことが出来るように予め対応しておく必要があるのです。

 

最近ではクレジットカードの中にICチップや顔写真を掲載可能なカードも誕生してきています。
万全のセキュリティを望むのでしたら、そのようなセキュリティ対策がされたクレジットカードが望ましいと言えます。

フコイダンへ
http://lmf-assoc.jp/



振込詐欺のような悪質行為に注意ブログ:20181112

ダイエットで大切なことは
「一日三食食べる」ということなんですよね。

そんな当たり前のことが、
何でダイエットの役に立つの?と
疑問に思われるかもしれませんが…

太った人の特徴として、
「ほとんど無意識のうちに何かを食べていることが多い」んですよね!

例えば…
テーブルの上にあるお菓子や果物などに、
腹が減っているわけではないのに、
何となく手を伸ばしてみたり、
テレビを見ながら何かを食べていたり、
13時の残り物を「もったいない」などと言いながら、
何のためらいもなく、時間差で食べてみたり…
こんな傾向、あなたにはないでしょうか?

もっと極端な人になると、
冷蔵庫の前を通るたびに、扉を開けて何かをつまんでみたり、
職場のデスクの上や引き出しにお菓子を常備して、
思いついては食べてみたり…

結局、彼らはほとんど無意識のうちに
一日5回6回と、食べ物を口に運んでいることになります。

つまり、
「一日三食食べる」ということは、正確には
「一日三食しか食べない」ということで、
とにかく一日に食べる食事の回数をキチンと決めて、
まずは「それを守ることから始めないと…!」という意味なんです。

また、
どうしても甘いものやお菓子が止められない人は、
その三食の内で食べれば良いので、
お菓子などを一切禁止!という意味ではありません。

古典的なダイエット法の一つに、
食事の前に「水」を飲むという方法がありますが…

「水」に、ダイエット効果があるわけではなく、
「食事の前に水=水を飲まずに食べない」というルールを作ることで、
日頃あまり意識されない食事が無意識に減ったり、
食事の全体像が本人に分かりやすくなり、コントロールしやすくなった結果、
ダイエットにつながるんですよね!


このページの先頭へ戻る